見る!

迫力ある実物車両や1/80の鉄道模型など、鉄道を見てみよう!

貴重な車両がたくさん!
53両の展示車両

日本の近代化を牽引した53両の「蒸気機関車から新幹線まで」を収蔵

0系新幹線電車の第1号車や、時速300kmでの営業運転を実現した500系新幹線電車、國鉄最大のC62形蒸気機関車など、歴史的に価値のある貴重な車両を數多く展示しています。事前に展示場所や車両の種類などを確認すると、より楽しみながら見學することができます。

展示車両紹介 展示車両の説明を展示場所別・ 車両タイプ別に見學することができます。

係員が動かす大迫力!
鉄道ジオラマ

展示場所:本館2F

実物車両の約1/80スケールの鉄道模型を係員が運転する巨大なジオラマは幅約30m・奧行約10mもの大きさを誇ります。車両基地などの鉄道に欠かすことのできない施設を再現し、模型の走行を通じて鉄道システム全體を楽しむことができます。(所要時間:約15分)

タイムスケジュール *1

11:00 / 11:30 *2 / 12:30 / 13:30 / 14:30 / 15:00 *2 / 16:00
  • [*1]混雑時は変更になる場合があります。
  • [*2]団體専用

鉄道ジオラマを詳しく見る

蒸気機関車ファン必見!
連絡デッキとSL第2検修庫

展示場所:SL第2検修庫

京都の景観を楽しむことができる本館2F連絡デッキでは、眼下に扇形車庫と蒸気機関車群を望むことができます。
梅小路運転區内に新設されたSL第2検修庫では、蒸気機関車の検査修繕作業を見學することができます。

  • 作業内容によって、見學することができない場合があります。

1日1度のダイナミックな方向転換!
SLスチーム号の給炭水作業

展示場所:SLスチーム号のりば付近

「SLスチーム号」最終便のホーム到着後、客車を切り離し、1日で溜まった石炭の燃え殻を落とし、翌日の運転に備えて石炭と水の積み込み作業を行います。この作業に伴い、扇形車庫中央の転車台に乗り、ダイナミックに方向転換する様子は必見です。

走行車両も蒸気機関車も京都の景観も!
スカイテラス

展示場所:本館3F

本館3Fの南側にあるスカイテラスは、花や緑がいっぱいの誰もが憩える空間です。
鉄道ビューポイントとしても抜群の眺めを誇り、目の前すぐにJR京都線や東海道新幹線など多くの走行車両を見ることができます。

あの車両を間近で見ることができる!
車両工場

展示場所:本館1F

実際の営業線とつながっている引込線を活用して、現役で運行している車両なども臨時で展示しています。